• 料金プラン
  • 社長の活動
  • お客様の声
お気軽にお問い合わせください! MAP お問い合わせフォーム

シロアリ駆除

シロアリ駆除(ベイト工法)

シロアリ駆除 ~薬剤を噴霧しないベイト工法~

今まで難しかったこれらの巣を駆除します。

シロアリをブリングボックスへ誘導し、ベイト剤を与え、シロアリの巣を崩壊させます。

<ベイト工法ブリンクシステム®の特長>(1) 早い巣崩壊
シロアリは紙、木材よりもベイト剤を好んで食べるため、巣の崩壊が早くなります。また、巣崩壊までの被害も少なくなります。

(2) クリーン施工
ベイト剤で巣を壊滅させるため、薬剤散布量が少なくなります。
ブリングシステムで駆除 → 薬剤による予防処理(少量散布)

  • 調査

    調査

    白蟻の生息場所を調査し、ブリングボックスの設置場所、設置数を検討します。

  • ブリングボックス設置

    ブリングボックス設置

    シロアリの活発な生息場所にブリングボックスを設置します。
    中にベイト剤を投入。
    レンガで箱を固定します。

  • 定期検査:ベイト剤投与14日目

    定期検査:ベイト剤投与14日目

    白蟻の誘導状況、ブリングベイトの食害量、ブリングベイト喫食による白蟻の活性低下(動き・体色)などを点検します。

  • 定期検査:ベイト剤投与28日目

    定期検査:ベイト剤投与28日目

    白蟻の誘導状況、ブリングベイトの食害量、ブリングベイト喫食による白蟻の活性低下(動き・体色)などを点検します。

    右の写真を見ると、ベイト剤がだいぶ減っているのが確認できます。

  • ベイト剤追加投与

    ベイト剤追加投与

    必要に応じブリングベイトを追加します。

  • 定期検査:ベイト剤投与42日目

    定期検査:ベイト剤投与42日目

    ベイト剤を食べているのが確認できます。

  • シロアリの死滅確認

    シロアリの死滅確認1

    被害部の調査を行い、巣の崩壊を確認します。右写真は巣の崩壊後の蟻道です。

    シロアリの死滅確認2

    逃避したシロアリが死滅しています。

  • 装置の撤去と予防

    シロアリの死滅確認2

    シロアリの壊滅を確認したら、再び侵入してこないための予防工事を行います。
    予防工事の詳細はコチラ

    シロアリの死滅確認2

    ブリングシステムの工事はシロアリの活動期である4月から10月が最適です。工事期間は約二ヶ月です。気温が低いなど、白蟻のブリングベイト喫食が少ないときは、2ヶ月より長くなります。

    また、ベイト工法ブリングシステムには5年間の建物損害賠償保険がついております。

    損害賠償保証書サンプル

    ※ブリングシステム®は廣瀬産業(株)の商標登録商品です。

その他のベイト工法もご用意しております。

ファーストライン

ファーストライン
  • ベイトとモニター(餌木)の組み合わせにより、現場で幅広い対応が可能です。
  • 遅効性の防蟻成分で、コロニーにダメージを与えます。
  • ステーションの容量が大きいので、活発な食餌でもでOK。約80,000頭のシロアリを駆除する能力があります。
  • 餌木を動かさず、シロアリへの刺激は最小限です。従来のベイトでは困難な種類のシロアリにも効果があります。
  • 薬剤に直接触れず安全で、環境に優しい防除です。
  • AGSタイプのベイト剤との併用で、さらに駆除効率を上げることが可能です。