• 料金プラン
  • 社長の活動
  • お客様の声
お気軽にお問い合わせください! MAP お問い合わせフォーム

スタッフブログ

ベタ基礎・基礎パッキンでもシロアリ被害が増えています

2015/07/10
先日、ベタ基礎+基礎パッキン工法(現在の新築はほとんどこの工法)で建てられたお客様宅の床下点検に行ってきました。

14364830432751.jpg14364830169560.jpg

写真の通り、土台と基礎パッキンの間にイエシロアリの蟻道が何本もありました。
宮崎県を含むシロアリの生息が活発な地域は、基礎コンクリートを打つ前の土壌薬剤処理、土台や柱が入ってからの木部防腐防蟻薬剤処理を施す事が不可欠です。

「ベタ基礎やから、シロアリの予防は必要ないっちゃが」

↑最近は少なくなりましたが、ベタ基礎が導入され始めた頃、基礎屋さんからよく言われました。
シロアリにとって、侵入できる隙間が減りはしましたが、1㎜以下のわずかな隙間を見つけては被害を及ぼしているのが現状です。
特に玄関付近の基礎と化粧仕上げのモルタルとの隙間や、勝手口の外部踏み段と基礎の境目などからの侵入が多く感じます。

多くの方にとって、一生に一度の大きな買い物であるマイホームと思うと、より一層責任感を持っていかなければと気持ちを新たにしました。

川崎亨